ダイアログノートとdünnのノートケースが届きました

クラウドファンディングのリターン

今年の6月ごろから文具のWEBメディアの「毎日、文房具。」と薄い革の名刺入れや財布などの「dünn(デュン)」がコラボしたアイテムのクラウドファンディングがありました。

Makuake|毎日使いたい!小さなノートに《着せる》、ライフスタイルをかろやかに彩る本革カバー|マクアケ - クラウドファンディング
文房具のウェブマガジン「毎日、文房具。」から生まれたDIALOG NOTEBOOKと、薄いレザーのブランド「dunn」がコラボした、毎日持ち歩きたくなるノート&本革カバーセットが登場します。またクラウドファンディング限定で、高機能万年筆「TWSBI」がセットになるリターンもご用意しました。 今回の...

毎日、文房具。の編集長、たかたくさんが手がける小さなノート「ダイアログノートブック」の専用のカバーとケースをdünnと作るというプロジェクトです。

僕がやっているネットラジオ<ブングスキーラジオ>にも出演してくれたりと普段から交流のある二人が始めた企画。

しかも僕は、結構なdünnユーザーなので支援させてもらいました。

8色の中から僕は、赤色のオプションのペンホルダーを付けたスリーブタイプのケースをリターンに選びました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14ea1

さて、どうしたものか

届いた商品。好きな感じの赤色です。

また、触り心地もいい。

ノートの出し入れを繰り返していくうちに「馴染んでくるぞ」という予感しかしない。

そして、さて、このペンホルダーに何を刺そうか?と思い悩みました。

「万年筆を刺すか?」

「でもカバンにガチャガチャ〜と物を入れる使い方をしちゃう僕だと万年筆を壊しそうだな〜」とか考えた結果、いつも通り鉛筆を使おうと思いました。

でも、鉛筆だけだとホルダーに対して細すぎる。

とあれこれ考えてたらふと「あ、アレだ!」と思い、買ってきました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14ed7

ステッドラーのペンシルホルダー。

これならクリップが付いているから大丈夫だ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14ed4

いつも使っている補助軸はクリップないから刺してたら多分、落とす。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14eda

刺してみたらこんな感じ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14ed8

いい感じになりました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 14ed9

野帳よりも小さなノートをどう使っていこうかな?

とりあえず、持ち歩く準備はできたということで、表紙のナンバリングを「01」と塗り塗りしなくてはなと思う今日このごろです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました