Pat-miをノートに挟んでみた(ブングスキーから転載)

ブングスキーに書いた記事を転載します

諸事情によりブングスキーというコラムサイトに書いた記事を転載します。

公開日は、ブングスキーに公開した日にしています。(2020年3月)

Pat-miをノートに挟んでみよう。

Get Naviで表紙を飾るなど今年デビューなのに注目度がとても高い手帳「Pat-mi」です。

1ヶ月1冊タイプ。そしてこんなにシンプルな見た目。

専用ホルダーもあります。

でも本体のみのセットも販売されています。

佐久間さんも、専用ホルダーを使わずに本体のみでこんな持ち方をオススメしていました。

<A5ノートにはさむ。>

シンプルに普段持ち歩いているノートに挟んでしまうのです。

薄いスケジュール帳だからこその利点ですよね。

実は、ブングスキーのコラムニストとして1冊サンプルを頂いていました。

来年の10月のPat-miを。

本当は、ほぼ同じ暦の今年の8月に使えたらと思っていたのですが、忙しくて慣れている「ジブン手帳」から乗り換える暇がなく試せませんでした。

スミマセン。。。

先日、Pat-miを購入したので、この頂いていた10月を来月の10月に使ってみようと思いざっくり手書きで日付を直しました。

そのPat-miをノートに挟んでみました。

そしてうっかり落とさないようにクリップで留めてみました。

 

これでノートを持ち歩いて、スケジュールを見たければ表紙に戻ればパッと見れるわけですね。

で、手書きで日付を書き直していて気づいたのですがこのPat-miは、基本、色がグレーなんですね。

休日が赤くない。

土曜日は青くない。

(ジブン手帳はそうなっています)

そこらへんが佐久間さんの美学を感じるなぁと。

どこまでも潔い感じがしますね。

「1ヶ月分しか持たない。削れるものは削る!」みたいな。

さて、あとは、どうやって2016をシレっと2015に書き直すかだ。

(初出典:ブングスキー2015.09.28)

コメント

タイトルとURLをコピーしました