【社会科見学】東京板橋の製本工場「ウキマ」を見学。そしてFilet(ファイレット)って知ってる?

IMG 6232

大人になってからの社会科見学って楽しいね

文具祭りの翌日、朝、埼京線の「浮間舟渡駅」に集合して
「株式会社 ウキマ」さんの製本工場に有志で伺いました。

ちなみに僕は、仕事ではなんら関係ないのでただの趣味です。

仕事抜きでこういうところに来たのって小学校以来かもしれません。

ただ、小学校の頃と違って、「自分の意志」で来ている分、とても面白かったです。

詳しい内容は一緒に行った、高木さんがブログに書いてくれました

【製本工場/株式会社ウキマ】あのファイレットの工場へ見学にいってきた!(前編) 
【製本工場/株式会社ウキマ】あのファイレットの工場へ見学にいってきた!(後編)

今回 行ったことで気づいたこと

この見学は、平日の朝、時間をやりくりして行きました。

そこまでして行った原動力はただの好奇心です。

なので、昔、社会科見学に行った時なんか「何か質問ありますか?」って聞かれても
なんにも知りたいことがなかったのでボ〜としてました。

ところが、今回は、自然と勝手に質問タイムでもないのに色々聞いちゃいます。

「型ってどうなっているんですか?」とか「印刷してから切るの?」とかとか。

IMG 6257

IMG 6258

そうやって見学させてもらっていると
普段何気なく、見ては捨てているチラシ1枚取ってもいろんな種類があって、
色んな人や会社が作っているのかと当たり前のことですが実感しました。

IMG 6274

 オリジナル商品あります。 

ウキマさんはアイレット綴じという特殊な綴じ方が得意な製本会社さんです。

アイレット綴じ
ヨーロッパでは広く活用されている中綴じ製法。
中綴じの針金がクイっと飛び出しているのが特徴。
その飛び出している部分がパンチ穴と同じなため
穴を開けずにファイルにはさめる利点がある。
詳しくはウキマさんのH.P.

このアイレット綴じの技術を使ったファイル「Filet」という商品があります。

IMG 6347

この一見、クリアファイル?みたいな商品、なかなかの優れものです。

こういう見開きA3のパンフレットとかあるじゃないですか。

IMG 6348

これをクリアファイルにしまったらいちいち取り出して開かなくちゃいけない。

でもファイレットに入れると

IMG 6350

見開きで入れられる。

IMG 6349

そして穴も開けずにファイルに仕舞える。

IMG 6351

また、ファイルに綴じてもいちいち取り出さなくても中身が確認できる。

優れものじゃないですか?

そんな「Filet-ファイレット-」が大阪に行くそうです。

詳しくはこちら
ガレージ文具メーカーズ in 阪急うめだ本店 2015春 by K-cubic 
阪急うめだサイト

こういう資料を持ち歩いたりする人は結構便利なんじゃないかなぁ。
あと、美術館とかのチラシ整理とかにも良さそう。

ともあれ、社会科見学、楽しかったです。
ウキマの皆様、本当にお仕事中、お邪魔しました。

こういう楽しみにありつけられる文具朝活に
参加してて良かったと思います。

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す