カッターを無理矢理直した話。

本当に今日のこと。
朝、職場でカッターが壊れたと僕のところに持ってこられました。
(なぜか、こういう時、持ってこられる)
ちなみにこんな感じの普通の大型のカッター。

mono08465432-061128-02

見てみると短くなった刃が入ったまま、動かなくなっていました。
そして、よく観察してみると、刃が2枚、重なっています。
力を入れても全然動きません。
仕方がないので会社にあったモンキーレンチでつまみの部分を叩いたり押してみたり。
20140918230005e73

それでも動きません。
なんかやけになってカッターの先端の金具部分を叩いてみました。

プラスチックのカバーから鉄製部分が抜けたらいいなぁ。と思って。
で、なんとなくツマミをググっと押すと少し動きました。

その作業に光明を見いだし、
試しにそれを繰り返したら取れましたー!
そして取れた刃を見てビックリ。
この刃が付いてました。

3045024_LL1

コレ、このカッター用の刃です。
3045024_LL3
見た時に感じた違和感は2枚重なっていたからではなく違う刃だったから。
違う刃を入れていたから動かなくなっちゃったんですね。
この後、新しい、ちゃんとした刃を付けて普通に使えました。
コレを付けた人に明日、ちゃんと教えないとなぁ。
今日のコンシェルはちょっと体を使って頑張りました(笑)

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す