iPhoneを紛失してiCloudを使ってみた

iPhoneを失くしました。
会社で。
気づいたのは、残業しまくって、退勤して歩いていた時。
てっきり、デスクに置き忘れたと思い、戻ったらデスクにない。
時間を気にしつつ思い当たるところを探すけど無い!
そこで「そうだ!たしかiCloudに[iPhoneを探す]ってやつあったぞ!」
ということを思い出す。
会社のWindowsでiCloudって見れるのかなぁと思ったら
ちゃんとログインできて一安心。
早速、探すにしたら反応してました。
iPadでみた場合のイメージ
fc2blog_20140912094346010
良かった、良かったと思い地図をズームインしていったら
何故か、会社の隣のマンションにある。
「???」
そして更新してみたら今度はそのマンションの前の道に。
とりあえず、誰か拾ってくれたのか?と思い行ってみましたよ。
誰もいない…
いや、居た!こんな夜遅くにコインパーキングで
逢引している若いカップルが。
ちょっとためらったけど、仕方ないと思い
「iPhone見ませんでしたか?」
と聞いたら案の定、迷惑そうに
「見てない」って言われた。
もう、時間もないしとデスクに戻り
iPhoneを探すにあった紛失というボタンを押して
自宅の電話番号と「紛失したiPhoneです」みたいなメッセージを
設定して帰りました。
深夜、翌朝も同じところにiPhoneがあって同じように動くので
【コレは誤差だ!】と結論づけ、
予定通り午前中は文房具の展示会に行って会社に行きました。
そこで色んな人に失くした旨を伝え、
何度か探した場所に置いた箱の中を
改めて漁ったら出てきました。
今回の紛失でわかったことは
★iPhoneを探すは結構な誤差が生じる
★でも、なんとなくの場所がわかるので覚悟が決めやすい。
★任意のメッセージを画面に表示させることができる
★いい人に拾われたら戻ってくるんじゃないか?
本当にちゃんとメッセージが出てるかが
気になっていたけどこんな感じでメッセージが出てました。
fc2blog_201409120944199e0

でも、一番は、落とさないよう、忘れないようすることですね。
気をつけよう。

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す