実家で古い万年筆を発掘してきた

今年、実家に帰ったら小学生の頃に買ってもらった万年筆を探してみようと思っていました。
で、探し始めたらあっさり、机から出てきました。
IMG_3857

キャップにあったメーカー名をみたら【SAILOR】とありました。
ということはセーラー万年筆だ!
文房具カフェの講座でもらって今、手帳で使っている万年筆と同じメーカーです。
初心者向け万年筆講座に行ってきた 2014.4.28
ペン先なんかは記憶の改ざんをしていたようで、全然思っていた形とは違いました。
IMG_3858
なんか小さい気がするというかシンプルすぎ?
でも14Kと書いてるから金ペンなのかな?
よくわからない。
(今度、誰かに聞いてみよー)

セーラーさんの講座のあと、インクカートリッジを買ったので、
改めて買わなくてもいいんじゃないか?ラッキーとか思っております。
でも、そこですぐにカートリッジをハメないのが僕がただの初心者じゃないとこです!
なんてったって、文具ソムリエールの講座を受けてるからね!
<文具朝活特別編 文具ソムリエールの万年筆講座を受けてきた>

そもそもこの講座を受けて実家に帰ったら探してみよう!と思った訳です。
だからちゃんとメンテナンスをしてみるよ。
と言っても水洗いをすることしか知らないけど。
というわけで実家から帰ってきて家族が寝静まったのを見て
講座でもらっていたスポイトでプシュプシュしたらビックリするぐらい黒い水が出てきて
終わりそうもなかったのでビンに水を入れて浸けてみました。
30分ぐらいでこんなに黒くなった。
IMG_3937
IMG_3938
とりあえず、一回、取り出して、またスポイトでプシュプシュしたらパッと見、透明の水がペン先から出てるようでした。

心配なので水を入れ替えてまた浸け込んでいます。

一晩くらい浸けて、明日の朝、今度は日中、乾かしてみよう。

なんか、30年ぐらい前の自分からのお下がりみたいで面白いな。

(続き)実家で古い万年筆を発掘してきた。その②
 

 

 

 

Facebookページ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
手帳・文房具
Tanacchiをフォローする
スポンサーリンク
気まぐれコンツェルン

コメント

タイトルとURLをコピーしました