【家事ハラ】という言葉を見る度に思うこと

家事ハラということばがチラホラ使われている。
旭化成のCMで使われていることから巷でちょっと使われているみたいです。

20140828021638aac

奥さんがダンナの家事についてチクリとやること。
みたいな使われ方です。

すでに【家事ハラ】という言葉を用いて本を書いた先生がいたそうです。
その本では、「家事労働を担う人々に対しての蔑視や押さえつけ」を【家事ハラ】と
名付けたそうです。

名付け親の思いとは違う使われ方ということです。

20140828021637fe8

そういうわけでクレームがあったりして旭化成側は謝罪し、違いをホームページ上に載せていたりします。

20140828021636565

でも、SNSや、イクメン講座なんかでは、旭化成がやったCMのイメージでの【家事ハラ】がつかわれたりしています。

雑誌のAERAもどうやらその感じで使いたいみたいです。

20140828022158fb6

なんだかんだと言って完全に旭化成サイドの広告の使い方の勝ちになってます。

大前提に言わしてもらうけど、僕は、正直、どっちの使われ方でも構わない立場です。

ただ、面白いなと思っているだけです。

先に【家事ハラ】という言葉を作った方が、クレームを入れて、旭化成も認めているし、
そのやりとりの記事なんかも出ているのに、世間では、「そんなことしりませんよ。家事ハラは、奥さんから夫に対して行われるものですよ」と
なってきているのがすごく面白いなと思っているのです。

僕は常々「言ったもん勝ち、やったもん勝ち」と思っている。

だけど、『やるならやる』『言うなら言う』で、デカイ感じでやらないとシレっとこうやって既成事実を作られて負けちゃうことになるんだなと身を持って感じました。

いくら後から声高に叫んでも負けちゃうんですね。

新しいことばというのは世間で使われてナンボってことなんですね。

ことば好きとしては興味深い瞬間に立ち会えて非常に楽しいです。

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す