タバコと表現

tabako

この間、歩きタバコをして、ポイ捨てをする女性を見た。
それを見た瞬間「やだな〜」と思った。
そう思った時、僕は学生時代に撮った映画で演者に画面の中でポイ捨てをさせていたことを思い出した。
タバコもパカパカ吸わしてた。
そこには、僕なりの理由もあり、その行為の意味を観客に読み取って欲しいと思っていた。
それでも少なからず、上映のアンケートに「ポイ捨てはやめましょう」と
書かれたりした。
「コイツはバカだな」と思ったりしたが、そういうことを言うヤツは言える余裕がある
ということで僕の作品の世界に入らすことができなかったんだろうという反省は
今ならできる。
ただ、ドラマや映画、漫画や小説という創作というもののなかで常識のタブーというものを
「いかがなものかと思う!」
としてやったり顔で言うのも品がないなぁと思う自分がいる。
グタグダ書いたけど、創作物に対して
そのシーンだけを切り取った批判をするのは
非常に面白くないものを生み出すからやめてほしいなぁということです。

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す