切り抜くためのカッター「キリヌーク」に驚いた。

先日、ブログでも書きましたが、今年は元旦から新聞を読もうと思い読んでます。

記事:新聞をまた買うようになりました

読んでるとやっぱり気になった記事とかの切り抜きをしたくなるんですよね。

暗記スナップでデータを取るのもありなんですが、やっぱり物理的に切ってノートに貼るということもしたい欲求があるのです。

なのでハサミを使って普通にやっていたのですが、新聞ってでかくて結構、切るのが面倒くさい。
そこでうっすら記憶にあった「切り抜き用カッター」を検索して早速、Amazonで買ってしまいました。

OLFA 一枚切カッター キリヌーク 209B

blog_import_537705a60ac85

【重なってる新聞や雑誌の欲しいページだけを切って下のページは切れないカッター】
というモノです。

blog_import_537705a7c6d7e

こんな刃になってます。

blog_import_537705a9e9b26
blog_import_537705ab5b335
刃を出す前と刃を出したところ。チョコっと刃が顔をだすだけです。

刃、見えますか?
そしてこのカッターでは力加減は関係ないそうです。

blog_import_537705b08f419

上の写真のメモリを紙の厚みによって変えてやればどんな力加減でもいいそうです。
それがAPC方式!
(オートプレッシャーコントロールというらしいですが、正直よくわかりませんw)
とりあえず試した方が早いということで使ってみました。

blog_import_537705b2de4c6
blog_import_537705b4e6056

切り抜いた。さて、下の紙はどうなっているのか!?
blog_import_537705b749004

おお、キレテナ~イ!正直、びっくりしました。僕は、この手の物で何度も失敗してきましたから。

でもコイツは本物でした。
スグレものです。
1人でテンションあがって、全く興味の無い記事まで切り抜いちゃってました。

そしてたまたまですが
前回から連続でOLFAさんの商品を紹介するブログになってしまいました。

記事:カッターの刃折り器、ポキステーションは楽しいぞ。

前回のがカッターの刃をポキっと折るから「ポキステーション」
今回が切り抜く為のカッターだから「キリヌーク」

素晴らしいネーミングセンスだと思います!

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す