2013の手帳のこと(2)

前回<2013手帳のこと(1)>の続き。
妥協を重ねて来年使う手帳を決めた僕は、どうにか気分よく手帳を使うことができるか考え、カバーを交換することを思いついたのです。
が、本革の1万円以上するものは怖くて買えません。
5000円以上でも相当ドキドキします。
そんな感じで池袋の東急ハンズに行ったらなんと[BRIT HOUSE(ブリットハウス)】の手帳「THEME」が半額以下で売ってました。
3000円の値札を疑いつつ、店員さんにカバーの様子などを見せてもらいながら本当に3000円か聞いたら廃盤になる型らしく安く仕入れたらしいです。
in-b(淫美)なだ~ちゅ-カバー表紙
中には正規のスケジュール帳とメモパッドが入ってます。
僕は購入後、買ってある「能率ダイアリーのベルノ」と差し替えました。
正直、重くて分厚いですw
in-b(淫美)なだ~ちゅ-厚み
他のブリットハウスの手帳同様、外側のペン差しの他に中側のデッドスペースを使ったゴムのペン差しが付いてます。
in-b(淫美)なだ~ちゅ-中身
他の方のブログなどでこのペン差しはゴムだから太いペンでも入るからいいという意見が多いですが、僕的にはフリクションの0.38という細いペンが落ちずに収まってくれたのがすごく嬉しかったです。
今まで細すぎて筆箱に入れておかないとだめでスッと出せないから困ってたんで助かりました。
しばらく使ってみてメモパッドを使わないとか思ったらまた工夫しだすかと思いますが、このカバーのおかげで新しい手帳を使うのが楽しくなってきました。
あ~これで無事、年越し出来ます。

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す