マルマンフェア2017に行ってきた その2

今年のテーマは「Experience」

R0011848

マルマンさんの展示会、毎年、テーマがあります。

今年はExperience(エクスペリエンス)、体験、経験ということでした。

ジョジョ好きの僕としてはエクスペリエンスと聞くとどうしても、「ゴールドエクスペリエンス!」と言いたくなるのですが、その場では心の中にどうにかおさめましたが、どうしても言いたかったのでここで言わしてもらいました。

それは、さておき、テーマが体験ということで、そういう仕掛けがいくつか仕掛けられていました。

水彩画を体験

アーティストによる水彩のデモンストレーション

R0011855

R0011857

アーティストの水彩画の様子を間近で見たり、お話を聞いたりしました。

ゆっくり家でやったり、水彩色鉛筆を使ったりと水彩の面白さのお話をさせてもらいました。

書き比べ

R0011858

ここでは、自分で、「画用紙、水彩紙の目の細かさが違うもの」に色を塗ってみて違いを味わうことができました。

R0011859

画用紙は水を吸うのが早く、乾くのが早いから学校で使われているって初めて知りました。

参加型アート

R0011862

ライブドローイングにも参加させてもらいました。

R0011864

アーティストにされるがままに手に絵の具を塗られ

R0011866

されるがままに大きな紙に手を押され

R0011867

手を拭いてもらう

というされるがまま、なすがままの状態でしたが参加してきました。

R0011871

この中に僕の手もあります。

2日間でどんな羽を広げたんだろう?

水彩絵の具と少しだけど久々に触れ合いましたが独特の滲みや混ざり具合がとても楽しかったです。

水彩用の紙でできた塗り絵があったら楽しいだろうなぁ。

絵心ないから塗るだけ。

他メーカーさんも参加

マルマン商品と相性のいい商品を出しているメーカーさんも参加されていました。

ワコムさん

手書きを簡単にデジタル化するBambooがニーモシネとコラボということでした。

R0011898

ニーモシネのあの書きやすい紙とスムーズなデジタル化とデジタルした後に色々とできることに驚きました。

なんかスゲー進化してますね〜

R0011899

CARL(カール事務器)さん

ルーズリーフ用のパンチを紹介していました

IMG 5896

学生時代、僕もお世話になったルーズリーフ用パンチでしたが、今回、スライドさせたら穴があくというパンチを初めて触らせてもらいました。

R0011878

R0011879

こちらのブースには文具ソムリエール、菅さんプロデュースの新商品カレンダー手帳も。

IMG 5895

こちらの手帳の穴もルーズリーフ用のパンチで穴をあけると、差し込みたい用紙に穴をかえてカスタマイズができるのです。

ルーズリーフなどのリング系のものの楽しさはそのカスタマイズ性の高さもありますよね〜。

好きな紙を選ぶバイキング

puoやミニバインダーの入れるリフィルの紙のバイキングもさせてもらいました。

R0011881

紙の種類がノートやメモのためのものだけではなく、スケッチブックやクロッキーなど絵画用の紙など幅広く展開しているマルマンさんならではだなと思いました。

このルーズリーフバイキング、好みのバインダーを買って、いくらか支払ったら色んなリフィルを詰め放題できるというサービスが本当に店舗さんであったら楽しめそうだな〜

東急ハンズ渋谷店さんのツィートでバズった「画用紙リーフ」も「クロッキーリーフ」もあるし。

おなじみの図案デザインやクロッキーデザインのバインダーと合わせて使うのも楽しいだろうな〜。

もう、楽しんでいる人、いそうだけど。

R0011875

オリジナルスケッチブック

最後にオリジナルのスケッチブックも作ってもらいました。

こちらは、表紙と紙を選んで、係りの方にリングを綴じる機械で作ってもらいます。

同じようなこの機械、以前、ぷんぷく堂さんのワークショップで自分でやってリングの取り付けを失敗したなーということを思い出しました。

〜その3で新ブランドのことを少し書こうかと思います。〜

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す