憧れの鉛筆削り

子どもの頃の憧れの品

それは、電動鉛筆削り。

小学校に入学した時に親からプレゼントされた鉛筆削りは「手で回すタイプ」でした。

↓こんな感じのヤツ

Mawashikezuri

それに対して姉がもともと持っていたのが電動のヤツでした。

えんぴつを穴に差し込むと「ウィーン!」といって削れるのです。

こども心としてはそっちのオモシロさが勝っていました。

でも家に2個もそんなのはイラナイと親は思ったのでしょう。

もしくは男の子はアナログチックにしたかったのかもしれません。

大人になったし自分で電動えんぴつ削りを買おう!

最近、えんぴつを使うようになったので
折角だから自分で電動の鉛筆削りを買おうと思って
ちょいちょい文房具屋さんで見るのですが電動のえんぴつ削りに
なかなか出会えません。

Amazonとかではなんか買う気がしなかったんですよね。
出会い系の商品だという感覚だったので。

そんな折、先日、ムスメの保育園のバザーがあり
前日に陳列などの手伝いに行ったら
当たり前のように文房具の担当をしていました。

IMG 7769

そしたらそこに電動鉛筆削りが!

バザー当日、急いで行ったら会場は人だかり。

目をつけていた鉛筆とかは売り切れていましたが
鉛筆削りは残っていました。

というわけで200円で購入!

IMG 7795

すごくファンシーでうちの子が大好きなピンクなので
削るところを見せると
絶対に家にあるえんぴつ全部をひたすら削りたがるだろうと思うので
しばらくは夜中に一人で使おうと思います。

箱の古さから動くか心配でしたが、ちゃんと動きました。

さすがナショナル!

バザーで200円で買った電動鉛筆削りを使ってみた

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す