使いたいモノをぶら下げておくということ

ペリカンの万年筆を日常使いにしたい

実家から届いた古いペリカンの万年筆。

IMG_0741.jpg

万年筆は日々使うことがイチバンのメンテナンス方法と教えてもらったので、「毎日使いたい」と思いました。

ただ、僕は、ペンケースに入れておくと、使わなくなりがちなので、強制的に使う状況にしたいと考えました。

そこで、思いついたのが【首からぶら下げる】という方法です。

以前、代官山の蔦屋書店のイベントで買ったセーラーの一本差しのペンケースがあったのでそれを使ってこんな感じでぶら下げて、出かけることにしました。

IMG 1646

IMG 1650

首からぶら下げることについて

僕は職場のIDケースにトンボ鉛筆のリーポータ−4コンパクトを付けて首からぶら下げています。。

reporter4idcase.png

こうしておけば、会社で「あれ?書くモノ、書くモノ、ペンどこいった?」がなくなります。

さらにIDケースのポケットに名刺サイズの情報カードを仕込んでおけば、メモとして使うことができるので、手ぶらで社内をウロウロすることができます。

僕は、そんなこんなで首からぶら下げることに元から抵抗がないのです。

肩がこる人もいると思うので「絶対イイ!」というやり方ではないですが、自分が負担じゃないやり方の

「使いたいモノは身につける」

という方法は、アリなんじゃないかと思います。

(スーツで仕事している人がポケットにペンを差しているのと同じですね)

上には上がいる

ちなみに一緒にブングスキーラジオをしたりしている工作師は普段からこんな感じだ。

IMG 1480

IMG 1480 1

パスケース、iPhoneにiPod touchとか色々ぶら下がってる。

<参照記事>

【筆記具】おすすめペンを聞かれたので考えてみた

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す