《ちょっと偉そうにやってみる》「文具女子博」考

文具女子博には行きました。

IMG 6467

昨年、2017年12月15日〜17日で行われた文具女子博に行っていました。

初日に。

仕事で徹夜明けの状態で。

正直、ボ〜っとした状態ではありましたが、すごい熱気に驚いたのは憶えています。

当日、Twitterの様子で、「スゲー混んでる」という情報だったので、気分はもうその様子を見学するモードになっていました。

頑張って、何かを買おうとか、貰おうとかいう意識が皆無となった状態だったので雰囲気を味わってその頃のクソ忙しい日常の気分転換、リフレッシュ、ストレス発散のために行ったようなものです。

そんな状態で行ったながらに感想を書いてみようかと、今さら思ったのです。

ま〜ぶっちゃけ本当は、開催時期にブログを書こうとして下書きをし始めたりしてたんだけど、徹夜明けからの飲み会(忘年会)からの保育園の行事ごとをこなしてたらまったく書き進められないまま、年を越してたわけです。

なのでレポート的なことはもういいかと思い、自分が思ったことなんかを書き留めておこうかと趣旨変えしただけです。

成功してると思う

第1回目の初日にして大盛況の様子でした。

初日なんて、年末の金曜日だったにも関わらず。

メディアのチカラもうまく働いたのかもしれないけど展示会とはまた違う楽しそうな入場者(お客さん)たちがたくさんでした。

ISOTやメーカーの展示会では、やはりバイヤーたちが新商品などを見て買い付けをすることが一番の目的であって、文具ファンがこっそり行ったり、サポーターとかになって行っているのは、知識欲を満たすために行っている感がある気がしています。

(ちなみに僕はまさにそうです)

その点、この文具女子博は、メーカーが「先行販売」など謳って新商品のプロモーションを兼ねたりしつつも文具ファンが購入できるという楽しみがあるのはデカイなーと思いました。

なんか物産展みたいだったなと今になって思います。

IMG 6478

IMG 6469
(先行販売の文具も数多く陳列されていました)

普段は文具店の限られたスペースに置かれている商品がメーカーごとのブースに色々と置いてあって、さらにちょっとしたオマケをつけてたりとか限定品とか先行販売があったりとか物欲が湧いてきちゃう感じが充満していました。

IMG 6484

(クラウドファンディングから商品化した日めくり付箋もすごい人気でした)

男子博はアリなのか?

IMG 6482

会場は、女子博を銘打ったからなのか「女子」の来場者が本当に多く感じました。

また、レジの大行列も女子が大半を占めていました。

各メーカーのブースもPOPな感じでレイアウトされていたりしていて会場全体が明るくてとても見やすく、この感じとても好きでした。

そんな中、「女子やっぱスゲーな、男子博やる?」みたいなことを知人、友人と冗談で言ったりしていました。

革物とかちょっとシブ目のラインナップで〜みたいなこと言っていましたが、そうすると会場は全体的に暗くなるだろうな〜と。

本当に趣味モノの企画になって、物産展的なワイワイガヤガヤのノリではなく、工芸展みたいな感じになるかもな〜と。

とそんなことを想像してみたら個人的には行きたいけど、成功するかは正直わかんないな(笑)

文具ファンとして嬉しい

とりあえず、こうやって大手を振って堂々と新商品を見たり、買い物ができたりメーカーさんとお話しできたりできるイベントが増えることは個人的にとても嬉しいです。

運営の大変さはあるでしょうが、是非、続けて欲しいな〜と思います。

思い出した

そういえば数年前、カワイイ、キュンキュンする文房具のことを「キュン♡Gu!」と呼ぼうと一人で盛り上がってたことを思い出した。

胸キュン文房具!「キュン♡Gu!」ってことばを思いついた

ブログランキング

ブログランキングに参加しました


リンク先で同じようなジャンルのブログも見つかります!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

次回 気になる方は登録をお願いします → follow us in feedly


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す